So-net無料ブログ作成

本当にあった怖い話2013 感想 下ヨシ子は偉大だった [ニュース]

本当にあった怖い話2013 感想 を書きます

ついにきました!8月17日に本当にあった怖い話2013! 楽しみにしていました! なんか稲垣吾郎ちゃん久しぶり

・・・今回のほんとにあった怖い話2013は、最近のほん怖と比べると比較的怖い話が多く、

1 下ヨシ子(霊能者 癒し)が不在

2 ゲストが不在

というのが今までのほん怖との大きな違いです。 今まで「どんな話も下ヨシ子で解決」という安心感があったのですが、不在のため謎を残したまま次の話に移ります(もっとも、幽霊は構成作家が作っているのですが・・・・)

・・・が、いない分 退屈で仕方なかった 除霊パートがありません

除霊パートとは?

下ヨシ子が霊視によりゲストに幽霊が憑いていると分析⇒弟子と共に除霊開始!⇒ゲストの名演技(泣く、キャラ変更 悪態など)⇒幽霊は無事成仏 やったぜ

あまりにも幽霊が憑いている時は OTAKIAGEを行います


視聴者「・・・で?」

さらにゲストがいない分 吾郎ちゃんパート(話が終わった後の休憩タイム)が大幅短縮されました。ぶっちゃけ吾郎ちゃんのトーク(ry


・・・あと、どうでもいいのですが、ほん怖名物の「ほん怖クラブ」が、とんでもなく増員していました

・・・・が、吾郎ちゃんは無情にも、殆ど右のぽっちゃり系の子とばかり絡んでいました。(他の子は自分から話しかけて目立とうと頑張る)


それでは、各話の個人的な感想を書きますね


2階がこわい 

ほん怖全てに言えることですが、最初の話は「つかみ」であるため、ビックリ系の短編を使ってきます(ストーリーは深くないが、幽霊でごり押し)

・・・・しかしながら この話の主演は

鈴木 福

果たして、鈴木福君の可愛らしい演技で、怖さが半減したり、驚いた演技ほんとにできるのか・・・・と危惧していましが、

しっかりビックリ系として成り立っていました 福君の演技はおいといて・・・・

話の筋としては、福君演じる主人公が 霊感があるという設定で 家の2階に等に 嫌な気配を感じていく・・・・という設定です。

最後は、福くんが二階から降りてくる幽霊と対峙します(幽霊の圧勝)

この際 福君はおまじないのようなものを唱えて撃退しようとしますが 効果なく幽霊の顔ドアップになり福君気絶

その後 お母さん(役者はYOU この人主人公でしょ)に見つけられ 他の家に引越して終了


ちなみに、幽霊が二階から降りてくる演出は

最怖として名高い 顔の道に似ています。しかしながら・・・

幽霊が可愛い

なんか舌がビヨーンと出ていますが 顔が可愛いため冷静に見るとぜんぜん怖くない 人選ミスです


・・・福くんの演技はやはり怖い系には向かないですね あと、あの幽霊の画像欲しいな・・・


Xホスピタル

怖い話の定番である病院が舞台です 病院の形がX状なのでXホスピタルです そのままやね

東西南北の端の場所(Xの先端)で怪異が起こりやすく、4つ全部の場所で怪異に逢うと何かが起こるという設定なのですが・・・・・

ぶっちゃけこの設定いらなくね?

とにかく、イケメンの主人公が散々な目に遭う展開です

1回目の怪異 人が病院から飛び降りたかと思い近づいたら幽霊の罠だった

序盤から視聴者を驚かせにきてます。一話の幽霊と違い可愛くない


2回目 調べ物してたら搬送ベットにつまづいた

地味にいたそう 搬送ベットはどこからともなく出現


3回目 オペの手伝いをしていたら うめき声が聞こえてきた

集中力を削ぐための幽霊のやらしい攻撃 どうやら、主人公だけでなく、上司のお姉さんにも聞こえた模様



4回目 宿直室で寝ているところにおっさんの妨害

精神的にこれは辛い 描写的な表現は控えめですが、おっさん幽霊と宿直室に二人なのは怖い


ラスト 


搬送ベット君が主人公を追いかけ回す 何故か逃げる主人公 そして、ホラーの鉄板霊安室でやり過ごす

搬送ベットはやり過ごしたものの ナース幽霊(ここで一話目の役者使えば最高だった)によって気絶


その後 主人公は改心し医者としてバリバリ働いたとさ おしまい


いや・・・・普通に辞めるべきでしょ 改心要素ないと思うのですがそれは・・・・


影の暗示 主演 深田 恭子


主人公が黒い影が見えたところで不幸な出来事が起こるという設定なのですが

そんなんどうでもよく とにかく


深キョンが可愛い

というか深キョンを不採用する会社って何だよ 勿体なさすぎだろ・・・・・

あと、深キョンが走るシーンがあるのですが、

見事な揺れ 100点

あと大体が就活コスなのですが 私服が良かった


視覚的に怖い要素はありませんが、最後が良かったです(深キョンが実は影の使い手だった)


女子高大パニック

ほん怖屈指の役者の数 そして、今回のほん怖の中では

群を抜いて怖くないお話

感動話でもなく、怖がらせたがお粗末 ついでにタイトルもお粗末

体育館での怖がらせ方が残念で、それで女子高生たちがキャアキャア言ってパニック状態になります

その後 幽霊が屋上から何度も落ちるのを見て またもや女子高生たちがキャアキャア言っていますが


下から観ればパンツ観放題じゃないか・・・・

主人公である先生が冷静だったのは、恐らく私と同じ考えになったから

蠢く人形 主演  指原莉乃

ラストのお話 主演可愛いよ主演

話の筋としては

主人公が雑貨屋で買ったくるみ割り人形が怪異を引き寄せていく という展開です


・・・・この話は、とにかく登場人物が面白いです 視覚的怖さは少ないけど



まず  主人公の彼氏


コイツがとてつもなくヘタレ男で、クルミ割り人形の視線に怖くなり 指原さんを見捨てて逃げ出します。


そして、主人公の友達の女の子

この子がとてつもなく勇敢で、クルミ割り人形が引き起こした怪異(窓になんかいる)を

傘一本で立ち向かいます

ぶっちゃけ、この子が勇敢すぎて話の怖さをさらに低くしました 彼氏も見習えよ

あと主人公も 包丁ではなくフライパンで立ち向かうなど、可愛らしさ抜群です


ラストのオチはちょっと怖ですけどね

・・・・ほん怖の最後の話はだいたい感動系が多いのですが、今回は怖い話兼面白い話で終わりました。


個人的には、今回のほん怖は、最近(といっても昨年だが)のと比べると、だいぶ良くなったと思います

・・・・ただ、下ヨシ子が不在なのは、ちょっと残念ですけどね(詐欺事件を匂わせたから仕方ないけど)


最後に・・・・


1話目の幽霊が出る家紹介してくれ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。